当前位置:主页>双语资料> 柔道
柔道
来源:作者:本站



古代の武士は戦場において、馬上や地上、水の中で、敵と組み合って相手を倒す必要があった。かくして、それらの格闘術、組み打ち等の技術が研究され、より機敏で実践的な技法の発見と体系化が始まった。その結果生まれたのが柔術(じゅうじゅつ)である。
1882年、嘉納治五郎(かのうじごろう)は現在の東京都台東区にある永昌寺(えいしょうじ)の一角に12畳、弟子9名で、日本伝講道館柔道(でんこうどうかんじゅうどう)を創設したのである。彼は柔術の修行を通して、その中にある新しい精神、すなわち柔術は単に勝負の技法だけでなく、修行する中で精神修養 (せいしんしゅうよう)も可能であることを悟ったのである。そして「術」(じゅう)を「道」(どう)に止揚し、柔道に「体育·勝負·修心」の目的を揚げ、その思想を「精力善用 (せいりょくぜんよう)?自他共栄 (じたきょうえい)?文武不岐(ぶんぶふぎ)に集約し、柔道の普及に尽力したのである。
柔道をはじめ全ての武道では、「礼に始まり、礼に終わる」と言われるように、特に礼節を重んじます。礼節とは、表現を変えれば全てに対する感謝ということではないかと思います。「感謝」という気持ちがわかったとき、人は自然に努力せずにはいられなくなるのです。
現在、柔道は世界選手権の開催やオリンピックの正式種目としても行われ、全世界に広く普及しており、「柔道」から「JUDO」へと移り変わってきました。これに伴い、柔道が「武道」から「スポーツ」へと、その性質を変質させてきています。
特に「JUDO」の普及、発展というカサを楯に、IJF(国際柔道連盟)は商業主義を持ち込み、カラー柔道衣の導入、ルールの改定、ポイント制の検討を推し進めています。このように考えますと、現在の「JUDO」は、「柔道」とは言えないのではないでしょうか。
柔道简述
现代柔道是从19世纪末由加纳治五郎教授的古老威武拳术“柔术”发展而来。
习练柔道的目的不仅仅是为赢得胜利,更多的是为强健体魄和精神。
日语“柔道”的字面意思是:文雅的方式,即:柔道软功胜于硬功,技术比毅力更重要。
——柔道于1964年列入奥运会正式比赛项目,从而使柔道成为一项世界性武道。
在日本,柔道入段者约有150万人,世界超过2000万人数习练柔道。
——同所有运动一样,柔道有一整套严格的管理、比赛和保障安全的规则。
为想测试技能的那些人,柔道提供包括从俱乐部到国家联赛、到奥运会所有技能水平测试的机会。
上一页12 下一页